栄養

強炭酸界隈でも随一の旨さ、強さを誇るウィルキンソンの赤ボトル。
高さは500ミリリットルと同じで、胴がまんまるとした1リットルボトル、通称”デブキンソン”
主にファミリーマートやスーパーなどで見かけていたこの商品、こいつの見た目がとにかく好きだった。

しかし最近、デブキンソンはダイエットに成功し、身長をのばしたのである。
ドリンク売り場にまんまるとした彼の姿はなく、細長い1リットルボトルに生まれ変わったスマートな彼がすっと立っている。

中身は同じである、容量も同じである…
でも…ぜんぜんちがう…かなしい…

世の人が、勤め人が、芸術家が、みな高みを目指す中で、君だけには高みを目指してほしくなかった。
いつまでも、その丸みを帯びた、だらしない身体でいてほしかった。

– – – – – – – – – – – –

8/31

8月の終わりの一日。
ここのところ基本的に抑鬱の中におり、たまに躁が顔を出すが、この日の深夜にとんでもない激躁状態が突然やってきた。
酒はサッポロの黒ビールを1缶だけ。躁のスイッチがなんだったのか、全く思い出せない。この日の昼間はかなりの抑鬱状態だったと思う。

なんとなく、PVを作ってみよう、という流れになる。
今思い出しても意味不明な流れだなと思う。

クリエイティブコモンズについて調べ、プレミアの1ヶ月契約にするか、AviUtlを試してみるかで悩み、結果的にぜんぜん関係ないGOM MIX PROをダウンロード。
自由度はかなり低いが、操作が直感的で触りやすい。

SUEZENの「定点観測」という曲のビデオを作る。
この曲はベースもドラムもギターも歌もコーラスも良い。そして、歌詞が気に入っている。
字幕を入れて、これを一人でも読みながら聞いてくれたら嬉しいなという気持ちで作る。

作り終えたあたりで激躁状態は終わって元に戻った。

– – – – – – – – – – – –

本日

20時からバンドのスタジオ練習。
新しい曲を作っている。今までにない曲になりそう。
曲を作るのはほんとに楽しいですね。

ベースの藤原君のじいちゃんちにいる犬の話になる。
名前は「コマツ」
やけに古風な名前だ。

「初代の犬がコマだったから、二代目をコマⅡにした」という衝撃的な発言が。
コマツは、何も知らず、先代のカルマを背負い、複雑な愛情を与えられながら育ったのだった。

藤原曰くコマツはとんでもない馬鹿犬らしい。めったに人になつかない。
もしスタジオに連れてきたら、僕とドラムは襲われるだろう、とのことだった。

カルマを背負って生きているコマツの気持ちになって歌詞を書いてみよう、という話になったが、コマツは馬鹿犬なのですべてのことを理解しておらず、「楽しい」だけを羅列する歌詞になるかも…という結論が出た。
それはとても愉快だ。コマツに会いたい

コマツは雑種犬で、柴犬に近い見た目をしているらしい。
性善説も性悪説も通り越して、柴犬に悪いやつはいない、と思っている。
頭の悪いやつはいるが。そこもキュートな生物だ。

藤原君とは10年くらいの付き合いになるが、彼もまた不思議な生物である。
我は強いが一切主張しない。自己顕示欲というものがおそらく彼にはない。
探求欲、食欲、睡眠欲、いろんなものが絡み合って彼のベースラインとなっているのだろう。
不思議な人間たちと暮らすのは楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)