手帖

1/27

周南でバンドの演奏。新しい曲2つを演奏でき、嬉しかった。
今回もマレーグマ氏を拝めず。

マレーグマ氏が収監されている徳山動物園は映画百円の恋のデートシーンのロケ地でもある。
全ての動物が自身の立場を理解し、虚無を受容し、社会及び生活という檻の中で動き回る人間たちを冷たい目で見ている。
あの場所は「動物を見る」場所ではなく、「動物に見られる」場所なのだ。

実のところ、動物たちに全然やる気が見られないので、あんまり楽しい場所ではない。
悲しい場所である。
特に、白熊、君は寝すぎだ…代わってくれ

1/28

前日、徳山動物園の白熊の檻の中にあるため池と同じ量の酒を飲んだので、北極を探索する夢をみたような気がする…が、頭痛やらで全て吹き飛んでしまった。
夕方頃に布団からはい出て、横川に赴く、本と自由とBar外国に自主企画のチラシを。

本と自由の店主は静かで賢く、とても優しい。
時折、飲酒により悪魔的な人格が発露するが、それもまた彼の魅力の一部である。
足を運んだのがまだ21時前頃だったので、この日の店主は静かで、賢く、優しかった。

外国の店主は、愉快で粋な方だ。しかし、このところ、元気がない。
数日前、延焼でおうちや家財が燃えてしまったのだ。大事である。

目の前で、お客さんが、店長へお見舞いの品を手渡しする。人が人へ、愛を渡している瞬間だ。
この日、ビールを1本だけ飲んでお店を出て復興に対する貢献を一切しなかった。
胸のうちの心地はわるくなかった。

横川の町が好きだ。

夜中に人の家に寄って、友人の41歳の誕生日をお祝いした。
ひとりもプレゼントを持参せず、誕生日の主役が買ってきた一番絞りや刺身などを頂いた。
2018年になって誕生日の祝い方もネクストステージに突入しているらしい。
祝うほうと祝われるほうの振る舞いが逆転している、でもなにも問題ない、どちらにしろ「祝」は達成されている。

– – – – – – – – – –

ツイッタで動画が流れてきて、再生してすぐ好きになったひと

恐ろしい才能だ。この2日間、この人のアルバムをずっと聞いてます。

– – – – – – – – –

2/1、広島、Bar外国で自主企画、ゲスト佐古勇気さんをお迎え
2/3、京都遠征、バンドセットで演奏をします

きてほしいです

http://dogfoodou.com/liveInfo.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)