香気

涼しい人、涼しい景色、涼しい文章、涼しい音楽、涼しいやり取りに出会う。

その瞬間に、生きるうえでの最上の喜びを感じる。

 

自分は社会性が乏しく、純粋でなく、機知も枯れて果てている、なんの価値もない、そう思うこともある。

そんなときに思うのは人のことだ。会えてよかった人が数人いる。

そのひとたちのために生きたいとおもう。

それ以外のことを無駄にしてでも達成したいことがある。

 

暮らしを転がしていこう、という意思がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)