魯論

成田空港で見た、警察犬の凛々しい横顔が忘れられない。 警官の指示でゴミ箱の匂いを嗅いでいたが、彼/彼女の鼻はもっと高貴な香りに包まれるべきだ。 水曜の早朝にいれる珈琲や、知らずのうちに漂ってきた金木犀の香りを知っている眼をしていた。 – – – – – &#8 […]